SAMPLE LOGO

 「生存科学」は、約40年前、故武見太郎先生によって提唱されました。生存科学は、ひとり個人の生存のみならず、同時代の地球上のすべての人々、そして世代を超えて、人類のより健全な、より人間らしい生存を目標として、自然科学のみならず社会科学、人文科学、さらには宗教・芸術まで含めた全人間的な知識の統合を科学的に行う極めて学際的な学問体系の概念です。人間生存の理法に基づき、ミクロからマクロに至る各レベルにおいてそれぞれの分野の理論思考を相互に統合させつつ体系化をはかるものといえます。そして西洋科学の方法論と東洋思想の統合による新しい方法論の開発への挑戦を提言しています。

 21世紀において、人類の生存のみならず、地球温暖化など“Planetary Health(惑星の健康)”が危機に晒されています。故武見太郎先生は“医療資源の開発と配分”そして地球資源の問題をすでに指摘されていましたが、今世紀の新たな人間の生存秩序を創造する学問として、生存科学の体系化が求められています。

1989年、武見記念生存科学研究基金は、武見太郎記念論文集編集委員会編集による「武見太郎の人と学問」(丸善出版社)を発行しました。武見記念論文集と武見記念文と武見資料集が収録されています。その後29年経ましたが、本基金は「武見太郎資料館」では膨大な資料を順次整理し、本ホームページに公開して参ります。今年度は、上記資料集の文献目録、引用文献の中から、主なカテゴリーについて、主な論文を一部抽出しました。生存科学に関心のある方々に是非活用していただきたいと思います。故武見太郎先生が我々に残したメッセージを多くの人が学び、生存科学の学問体系化に向けてともに挑戦したいと願っています。

 最後に、資料整理・電子化へご協力いただいた日本医師会に感謝致します。

主要検索カテゴリー・ワード